www.paroleemusica.org

-

-

自動車の損害保険には任意保険および自賠責保険に代表される2つの種別があります。任意保険も自賠責保険も、万が一の事態に遭ったときの補償に関するものですが実際の内容は細かな点で違っています。2つの保険をよく調べると補償できるものが一様とはいえません。※事故の相手には、任意保険、自賠責保険を用いて補償します。※自分については、<任意保険>で補償されるようになっています。※自己の所有する財産に関しては、<任意保険>のみで補償できます。自賠責保険単体では自分自身への手傷またはクルマに関する補償などの支援は受ける権利がありません。続いて相手方に向けての補償などのサポートですが自賠責保険であれば死亡時最高額で三〇〇〇万円・後遺症が残ってしまった場合上限額四千万円というようになります。ただし賠償金が先に挙げた金額を上回ることは結構な頻度で起こり得ます。また加えて相手の自動車ないしは建物を破損したときにおいては事故を起こした人による自己賠償となります。そのようなわけで任意保険というもう一種類の保険が必須だという話になるのです。被害者に対する支援が主眼となっている任意保険という制度ですが、それとは一線を画す補償内容があります。※事故の相手に対しては、死亡時やケガに加えて、乗用車ないしは家といった種類の対象を賠償してもらえるのです。※自分自身へは、一緒に乗っていた人も加えて、死亡時あるいは傷害を賠償するのです。※自分自身の財産へは、車両を補償します。そのようにあらゆる面における補償が充実しているのが任意保険が持つ最大の強みです。保険料金の払い込みは必須となってしまうのはしょうがないですが、事故が起きた時の相手のためにも自分自身を守るためにも、マイカーに安心して乗りたいのであれば任意保険に申し込んでおきたいです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.paroleemusica.org All Rights Reserved.