www.paroleemusica.org

-

-

日刊紙のチラシ、ゴシップ紙、繁華街に貼られたチラシやDMで「多重債務の効率化任せなさい」「多重借金をまとめたいですよね」というような売り言葉を目に入れることが多いです。そのようなものは、「整頓屋」「買取業者」「紹介屋」という俗称の悪徳業者の嘘広告の場合があります。こういったものを使用した場合は自己破産申請手順の中で最も重要な免責承認を手に入れられなくなる恐れがあります。「整理屋」というのはビラなどで負債者を集め、手数料を受け取って債務整理をしますけれど、実際のところ借金整頓は行われず、債務者は債務地獄に落ちる場合が大方と言えます。「買取業」の場合依頼者のローンで、デジタル用品、旅行の利用チケットをたくさん購入させて、借金者からこれらの品目を販売額の2割や額面半額で買い直すという方法を使っています。依頼者は短期には金が手に入りますが、そのうちクレジット業者からの品物の定額の支払い要求が送られてきて、現実には負債を増やす結果になります。この場合はクレジット会社への犯罪ということで免責承認をもらえなくなります。「紹介屋」は著名なサラ金から拒絶されるようになった債務者へ、業者としては資金提供はせずに、金貸しをしてもらえる違う店を呼んで、高い依頼料を取っている業者です。つなぎ屋は自らの経由で融資できたという口調で説明しますが本当は何もしておらずただ単に審議のゆるめのサービスを教えているだけです。このケースだと実際のところ債務を重ねることになります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.paroleemusica.org All Rights Reserved.