3カード会社控え用の紙(サインを行う紙)

-

-

ショップにて決済する時に、誰でも思ったことがおありかと思うのですが、レジの担当者がわからないことでどちらの明細をお客さんの方へ渡して良いのかわかっていないことがあります。コンブチャクレンズ

というのも、クレジットを利用すると、マシンの方から複数の明細が吐き出されるからでありこのレシートのどちらを利用者に対して差し出したら良いのか迷ってしまうというものだ。新宿のカーシェアリング・ステーション

複数の使用レシートの内容>それではこの複数の使用明細の正体とはとはいかなるものなのかというのは、以下の通り。

1利用者に渡すべき使用レシート。

2店舗で保管する明細レシート。

3カード会社控え用の紙(サインを行う紙)。

普通は利用者側へ保管して頂く利用明細の方を受け取るはずなのですが時には、お店の控え使用明細をお客様の方へ渡すケースや署名した側の明細レシート自体を渡すというといった重大なミスも見受けられるのです。

このケースはアルバイトの従業員であったり普段クレジットカードが使われないお店の会計にてカードを利用すると、そういった店舗スタッフの動揺というものが垣間見れるでしょう(笑)。

いつか違う方の使用明細というものを提示して時には、やさしく「これじゃありませんよ」と一言言ってください。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.paroleemusica.org All Rights Reserved.