JCBカードの3つの印が書かれているクレカ

-

-

お店でいずれものクレカが決済できるのでもありません。楽天カード

:クレカの加盟店舗は多くは、ときには5を超えるクレカ会社とライセンスを結んでいますが、いかんせん加盟店で全てのタイプの使用可能なわけじゃありません。

一例をあげれば以前からある加盟店舗の際だとJCBロゴの入っているそのクレジットカードしか切れない状況もあるし、今日の契約店の場合だとVISA、マスターのブランドのついているクレジットカードのみしか決済できないときもあります。

ダイナースカードなんかのクレカ会社の場合、いっそう使用できない場所が増えるんじゃないでしょうか。

どの印の所有クレカが使用できるかをどうやって見分けたらいいのか「それならいかにして何のブランドの所有クレジットカードが決済可能かというのを判断したら良いのか?」という質問だけど、確実に確かめるとしたら該当店の方に問い合わせてみるのみ、ていうのが正直ながらその答えになります。

とはいっても大多数の商店やショッピングセンターにはお店の目につきやすいところなどに使用できるクレカのロゴがプリントされたシールが貼り付けられている理由から「ああ、あの店舗ではアメックスが使用できるんですね」というふうに迷わないようにされてるので留意しておいてください。

しかし、しっかり管理が出来ていない店舗の場合にはステッカーが貼られている状況でも「ここでは××クレカはご決済いただけません」みたいな案内をされてしまうなどということもあるわけで、メンツをつぶされてしまうこともなくもないです。

できる限り全ての加盟店で有効であるようにしたいならば、異種のロゴ(国際会社)がはいった一般的なVISAカード、MasterCard、JCB、ダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、等のカードを複数持つようにしたほうがいいでしょう(例えば:ライフカードを契約しているなら銀聯カード付属のクレジットカードを契約する等)。

とりわけ海外に出ないならVISA、MasterCard、JCBカードの3つの印が書かれているクレカをいつも使えるようにしておけば、返済状況に問題がない限りほとんどの加入店で3枚のうち少なくとも1枚のカードを渡すよう準備万端というわけです。

クレカをいつも財布に忍ばせて日々マイル取得を続けていくには、できる限り早めに万能に対応できるカードを使えるようにしておいていただくことをお勧めします。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.paroleemusica.org All Rights Reserved.