そして交通事故の過失の割合判例

-

-

自動車での事故は、自分だけの自損事故と他者に迷惑をかけた事故があります。

自身だけの事故の時には自分で処理をすれば終了となりますが、第三者を含めた自動車の事故はそれぞれにどれだけのミスが存在するのかを確認して、それにより乗用車の修理のお金や和解のお金等が決定しますので、保険屋さんの有識者を交えながらのやり取りが欠かせません。

多くの自動車事故のケースで各々に多少の落ち度がある時が大部分でどちらかだけの落ち度だという状況はほとんどないようです。

もちろん赤信号無視や一時停止を無視したなど違反による事故ならかなり重大な落ち度になりますが被害を受けた側にもミスが指摘されます。

自動車事故のケースではどのドライバーの責任で起こったかという結論がすごく重要なポイントになりますのでそれを当事者に分かりやすく表した基準が過失割合になります。

例として、先ほど登場した赤信号無視や一時停止しなかった条件ならば法律の規則上完全な落ち度があると見えますが、この状況で事故の原因になった自動車が前から来ており目で見てチェックできたケースだったとしたら被害者でも注意不足として1割ほどの落ち度が認定される時もあります。

よってその状況では事故を起こした人が9割、事故に巻き込まれた方が1割過失割合と決められ間違いが大きな側に大きな過失が問われる状況になります。

そして交通事故の過失の割合判例を参考にして決められる時が大半で日弁連の交通事故相談センターから公にされている認定基準表が参考として用いられています。

この過失の数字が大きければ大きいほど落ち度、要するに損害賠償金も大きくなるので、事故に関する話し合いは事故に関わった人だけでなく自動車の保険屋さんの係りの人を交えて慌てずに調整することが必要不可欠です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.paroleemusica.org All Rights Reserved.