乗用車への賠償などのサポート

-

-

自動車損害保険には任意保険または自賠責保険に代表される二つのタイプが販売されています。

自賠責保険も任意保険も、まさかの事態など遭遇した場合の補償を想定したものですが、条件は少々違うといえます。

任意保険と自賠責保険では補償できる条件が多少同じではありません。

※事故の相手については、任意保険・自賠責保険を用いて補償します。

※自分へは、[任意保険]によってのみ補償できます。

※自己の私有する財産に対しては、『任意保険』によって補償します。

自賠責保険のみでは自分自身への手傷あるいは乗用車への賠償などのサポートは享受できません。

続いて相手に対する補償ですが自賠責保険については死亡した時は上限額3000万円後遺障害時最大で4,000万といった具合に決まっています。

ただし実際の賠償額が上記の値を超えてしまうことは起こり得ます。

事故の相手方の車両もしくは家屋を壊してしまった際に関しては加害者による補償となります。

そのためにも任意保険が不可欠だと考えられます。

被害者のサポートに重点を置くのが任意保険というものですが、それ以外の補償内容が用意されています。

※相手方に対しては死亡時またはケガだけでなく、クルマもしくは建物というような財産を賠償するのです。

※自分自身へは、一緒に乗っていた者も込みで、死亡時または怪我を賠償してくれます。

※自分の財産については、車を賠償するのです。

そういった多様な面に関して抜かりないのが任意保険が持つ最大のストロングポイントです。

月々の掛金の負担はもちろん必須となりますが事故に巻き込まれた時の相手のためにも自分自身を守るためにも乗用車に余計な心配を抱くことなく乗りたいのであればぜひとも任意保険に申し込んでおくべきでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.paroleemusica.org All Rights Reserved.